デビットカードとプリペイドカードの違い、メリットとデメリットを教えて!

waesdf

■デビットカードって何?

 最近よく聞くデビットカード。クレジットカードやプリペイドカードとどう違うのかと気になっている人は多いかと思います。普段の買い物に使用することができ、使用した代金は口座から引き落とされます。この点はクレジットカードと同じです。違うのはその代金がよく月に引き落とされるのではなく、買い物をした当日に引き落とされるということです。

 また直接口座から引き落としされるため、プリペイドカードのようにチャージをする必要もありません。口座にお金さえ入ってさえすればクレジットカードと同じような感覚で使うことができます。

デビットカードを使用する際には、口座の暗証番号を入力します。そして、利用可能な額も、当然口座に入っている預金以内に限られることになります。使いすぎる心配がないため、親としてはクレジットカードよりも安心して子供に持たせることができます。

■デビットカードのメリット

 デビットカードのメリットは、まず審査なしで発行することができます。即日に引き落とされるシステムであるので、使いすぎてお金が払えなくなったということはありません。口座を持っていれば誰でもはこうすることができます。またクレジットカードは18歳以上からしか作ることはできませんが、デビットカードは15歳から作ることができます。もちろん高校生でも作成することができます。 

 また即日決済のため、お金の管理がしやすいのもデビットカードの特徴です。クレジットカードよりも安心して使うことができます。最近ではアプリと提携して、スマホから明細をリアルタイムで確認することもできます。発行にしても利用にしても、クレジットカードよりもスピード感にあふれ、プリペイドカードよりもスマートなのがデビットカードの特徴といえるでしょう。

■デビットカードのデメリット

 やはりクレジットカードにもデメリットは存在します。まずクレジットカードと比べてポイントの還元率は劣ってしまいます。デビットカードのポイント還元率はかなり低く、多くのカードは0.2%、高くても0.5%程度です。現金を使うよりもちょっとだけお得といった感じです。

 また使用する口座が特定の銀行に偏ってしまうというデメリットもあります。銀行側はもっと自分のところの口座を使ってもらいたいため、デビットカードの発行を勧めています。そのため銀行と強く結びついているので、口座を用途にわけて作っているという人にとっては不便かもしれません。

Posted in デビットカード Tagged , , .

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*